読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美醜の大地のネタバレ結末まとめブログ

漫画「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」のネタバレ・結末・試し読み・あらすじ・感想をまとめたブログ。

スポンサーリンク

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ結末 第1話

美醜の大地ネタバレ結末

当ブログをお読みいただいてありがとうございます。

このブログでは、デジタルコミック雑誌「ストーリーな女たち」で連載されているブスのリベンジストーリーを描いた漫画「美醜の大地」のあらすじやネタバレ結末、感想をまとめてご案内しております。

作品名:「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」

作者:藤森治見

「美醜の大地」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>試し読みはこちら

「美醜の大地」第一話「泥棒女」あらすじとネタバレ

令嬢と地獄のようないじめの毎日

「誕生祝いだ」と外科医から渡されたプレゼントーー市村ハナは醜く生まれたせいで激しいいじめを受け、さらに家族を奪われ、復讐するために整形で美しい女に生まれ変わった。プレゼントの中身は、整形前の醜い自分の顔の仮面。

振り返ると、昭和2年に樺太で生まれ、学校で女子グループから地獄のようないじめを受けた毎日が思い出される。

弁当箱いっぱいに詰められたミミズ、いやらしい教師宛に自分の名前でラブレターを送りつける陰湿な嫌がらせ。さらには、うさぎ小屋で自分の靴が血まみれのうさぎと共に捨てられていた事件など、いじめに耐えた日々。

いじめの首謀者である高島津絢子は、大会社のご令嬢でクラスでもリーダー格であり、自分では手を下さず、女子たちに冷酷ないじめの指示役をしていた。

退学処分にされるハナ

そして生徒や教師たちの私物が盗まれる事件が起き、ハナが犯人扱いを受け、退学にされる。

醜いハナがいくら自分が犯人ではない、と訴えても「他人のせいにするな!」と教師は容赦なく殴りつけた。貧乏人が他人様のものを盗んだうえに、罪をなすりつけようとは、顔と同様に心まで醜く歪んでいる、と。

身も心もボロボロに傷つき、女手ひとつで育てて学校へ上げてくれた母親に申し訳ないと泣くハナ。だが、母親はハナの苦しみを抱きとめ、つらかったろう、綺麗な顔に産んでやれなくてごめんね、それでも大事なかわいい娘だよ、と慰める。

ソ連軍の襲撃で最愛の家族を失う

家族の愛に支えられるハナだったが、さらなる悲劇が襲う。

昭和20年8月15日。玉音放送とともに終戦を迎えたはずなのに、ソ連が樺太を空襲して民間人を襲ったのだった。母と弟の留吉とともに、港の引揚船に乗ったハナだったが、絢子の「泥棒が乗ってきたわ」の一言で乗員たちから盗人扱いされ、船からおろされてしまう。

翌日やってきた船に乗って新しい土地でやり直そうと希望をもっていたハナだったが、船がソ連軍の砲撃で撃沈し、母は水底に沈んでいき、弟は岸辺へ泳いでたどり着いたときにはすでに水死していた。

絢子に船を降ろされなければ、家族は死ぬことはなかったのに、と大切な家族が死んで自分をいじめた薄汚い連中がのうのうと生きていることが許せない、と憎しみで燃え上がるハナ。絶対に許さない、必ず復讐してやる。

整形で顔を捨て、生まれ変わるハナ

身一つで助かったハナは、まず金を得るために顔を隠して身売りして得た金で、噂で聞いた天才外科医に整形を依頼しました。

ドイツ帰りの軍の研究機関にいた腕利きの医者で、彼の手術て他人に成り代わって生き延びたものがいる。ハナもまた、別人に生まれ変わって復讐をとげよう、と決心していた。

死に物狂いで稼いだお金を全部渡し、すべてを忘れて生き直すよりもこれまで受けた屈辱と死んだ家族の無念を晴らすために整形したいというハナを気に入り、外科医は整形をしてくれたのだった。

大塚敏恵への復讐

昔、ハナにミミズを食べさせた女・大塚敏恵は北海道川上町にある旅館のあととりと見合い結婚し、若女将として忙しいながらも充実した人生を送っていた。夫は優しく、たまの札幌行きで靴のお土産を買ってきてくれる。

夫が駅で偶然知り合った、という女性・小石川 菜穂子が住み込みの口を探しているから連れてきた、と言い、菜穂子は中居として働く。田舎には似つかわしくないほど美しい女で、気がきいてよく働くと仲間たちの評判もいい。

チヤホヤされる菜穂子を見て、自分の影が薄くなると面白くない敏恵はイライラする。一方で、夫のお土産の靴が血まみれのうさぎと一緒に捨てられる事件が起き、敏恵はハナの幻を見る。

しかし、敏恵はハナの乗った船が沈没したと聞いており、あたしたちが追い出したせいだ・・・とそれなりの罪悪感は抱いていた。

ハナの亡霊に怯える若女将

まさか、ハナの亡霊が仕返しにきたのか、と精神が不安定になる敏恵。菜穂子がハナに見えて突き飛ばしたり、食事にミミズが混ぜられているのを見て逆上し、菜穂子がイタズラの犯人だと決めつけて大騒ぎをする。

夫が菜穂子をかばい、やがて惹かれるようになり「君がこんなヒステリックな女だと思わなかったよ」と、夫の心が敏恵から離れていく。

「あの女がすべての災いの元凶なんだ」

そう決めつけた敏恵は、菜穂子のせいで不幸になってしまうと思い、客の持ち物を盗んで菜穂子の部屋に隠そうとする。そこにやってきた菜穂子を見て、暴れだした敏恵の騒ぎをききつけた夫や従業員たちの前で、敏恵の盗みが発覚してしまう。

相手を再起不能にして第一の復讐完了

それでもなお、菜穂子のせいにしようとする敏恵を夫が叩き、「今すぐ自分の荷物をまとめてくれ」と旅館を追い出されてしまう。

精神が崩壊した敏恵は「もうやめてハナ!許して!!」と叫びながら飛び出し、階段で滑って転げ落ちて心と体に傷を負い、再起不能となる。

醜かったころの仮面を外し、復讐はまだ始まったばかりだと笑うハナ。最大の獲物はもちろん、いじめの首謀者である高島津絢子だった。絢子たちをどん底に突き落とす日を夢見て、愉しみがまだまだいるのだとハナはそこを去る。

「美醜の大地」第一話の感想

ブスに生まれたためにいじめられ、家族まで失ってしまう哀しい星のもとに生まれたハナ。昭和の太平洋戦争の頃を舞台にしており、戦争の悲劇も同時に描かれています。

ソ連軍の空襲で命からがら樺太から北海道へ逃れる船に乗れたのに、いじめっ子たちのせいで泥棒扱いされ追い出され、結果として母と弟は亡くなってしまいました。

それをすべて絢子を始めとするいじめっ子たちのせいにしないでいられないほど、深くハナの心は傷ついていたのでしょう。人生というのは本当に不平等なものです。

天才外科医の腕で醜かったハナは「小石川 菜穂子」という美貌の女性に生まれ変わり、時には「ハナの仮面」を被って復讐を果たします。

まだまだ始まったばかりのハナの復讐劇。鮮やかなリベンジストーリーの開幕でした。


お話のつづきは試し読みから読めます。

 

>>試し読みはこちら

 

 

第2話のレビュー

netabarematome.hateblo.jp

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ結末 第2話

美醜の大地ネタバレ結末

 残酷な社長令嬢・高島津絢子のいじめにより、すべてを奪われて復讐に手を染める市村ハナ。前回は絢子の取り巻きのひとりである敏恵を再起不能に追い込み、一人目の復讐を完了しました。

今回はいじめに加担した女・百子がターゲットです。なかなか、エグい復讐劇になっています。

作品名:「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」

作者:藤森治見

「美醜の大地」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

連載をまとめた1巻がまんが王国で配信中。

>>試し読みはこちら

「美醜の大地」第二話「罪の記憶」あらすじとネタバレ

偽の手紙でハナをはめた女・百子

第二の復讐の相手・百子は、女学校時代のときにハナに「放課後にこの手紙の場所で絢子さんが待っているから。必ず来て」とだました過去があった。

待ち合わせの場所に行ってみると汚らしいおじさんに「俺をなぐさめてくれよぉ」としつこく迫られたあと、待ち伏せしていた絢子たちに川に落とされる。溺れるハナを、冷たく見つめる絢子・・・

悪夢の中、水底にいる亡き母と弟の姿が見えて、ハナは苦しむ。

貧乏農家で重労働から逃れたい

百子は樺太からの引き上げ船のあと、北海道別海町の親戚を頼って貧乏農家で重労働をする日々を送っていた。

だだっぴろい農地を際限なく耕し、堆肥にまみれながら、北海道に来てから何もいいことがない、とため息をついてばかり。樺太の女学校時代は、毎日清潔な服を着て友達と楽しく過ごしていたのに、と絢子たちと過ごした青春をなつかしむ百子。

ある日、結婚話が持ち上がり、結婚すればこの生活から抜け出せると喜んだのもつかの間、縁談相手の長谷川熊造に会ってテンションが下がる。農家を営んでおり、高齢の両親がいるという見るからに気持ち悪い容姿の中年男にゾッとするばかり。

白馬の王子様が現れる

熊造と結婚したら、実家を援助してくれる約束になっており、家族はしきりに百子に結婚をすすめる。このままここにいても、結婚しても人生いいことなんてない。

「誰か、私をここから連れ出してくれないかな」

そんな願いが叶ったかのように、見目麗しい男性が車から降りてきて道を尋ねてきた。田舎には似つかわしくないほど、身なりのいい優しい人。彼の名は杏一郎と言い、車に乗って道案内をした百子にお礼だと服を買ってくれ、お店でデートをする。

彼と駆け落ちをして結婚、のはずが・・・

百子は彼に、農家の跡取りと結婚させられるのが辛いと訴え、杏一郎は共感してくれた。杏一郎もまた、東京で大きな会社を経営している両親に結婚相手を決められ、うんざりしていると話す。

まるで運命が引き寄せたかのように、同じ境遇だと感じた百子は「もっと自由に生きたい」という彼の言うままに一緒に駆け落ちすることにした。

釧路へやってきて、ふたりで夢のような生活をする百子。「一生僕のそばにいてほしい」と指輪でプロポーズされ、旅館でふたりの初夜を迎える。

「今夜、とうとうこの人のものに」

と胸が高鳴る百子だったが、杏一郎がくれた「緊張を解きほぐしてくれる飴」を舐めてみると妙にふわふわした気分になり、「婚姻届だよ」と促されるままに名前をサインしてしまう。

隣で寝ていたのは熊造だった!

杏一郎さんととうとう結婚したんだ、という幸せな朝を迎えたはずが、目が覚めて百子は愕然とする。

隣には美しい杏一郎ではなく、醜い熊造が寝ており「驚いたよぉ、僕との結婚を放り出して、こんなみだらな商売をしてたなんてさ」と言い出す。

百子は混乱し、一体どういうことなのかと飛び出す。すると強面の男に止められ、「あんた自身の借金の証文と身柄はうちの見世で引き取った。きっちりその身で稼いで返してくんな」という。

ハナの復讐で女郎に身を落とす百子

まったく身に覚えがないことに、ふるえる百子は、窓の外に杏一郎とハナの姿を見つけて悲鳴をあげる。

いつの間にか女郎にさせられ、本当の地獄が訪れた百子は、辛い現実から逃れたいと薬に手を出す。もはや百子には現実と夢の区別もつかず、地獄の中で笑い声をあげながら生きていくのであった。

直接手をくださず、杏一郎、もとい菊乃(外科医のナース)に今回の復讐を委ねたハナ。菊乃が元は男性だったとハナは初めて知った。

菊乃はまだ復讐を続けるのか、と聞き、百子のようにいじめていたことすら忘れてのうのうと暮らす連中には腸が煮えくり返る、と答えるハナ。

「一匹も逃さない」

ハナの復讐の決意は固かった。

「美醜の大地」第二話の感想

いじめられた側はそのことを一生覚えているけれども、いじめた側はあっさり忘れる・・・今回のお話は、その恨みが炸裂したかのような内容でした。

百子は女学生のときは絢子の使いっ走りのポジションで、それほど性格は悪くない子のようでしたが、ハナへのいじめに加担していました。百子自身にはハナをいじめていた、という認識が薄く、ハナの存在すら忘れていたのが作中の様子からわかります。

ハナからすれば、百子のようにいじめた事実を忘れていること自体、許しがたいこと。カッコイイ「杏一郎」を使って夢を見るだけ見せたあとに、地獄の底に突き落としています。

さて、今回「杏一郎」としてハナの復讐を手伝った菊乃さんですが、子供のころから自分の性に違和感があって軍隊で怪我をして先生と出会い、除隊後に手術をして女に生まれ変わった、という過去が明かされます。

「初めてわたしをバカにしない人に巡り会えた」という菊乃さん、素敵ですね。菊乃さんも手術で生まれ変わったからこそ、ハナが他人事には思えずにサポートしてくれています。

美しい「菜穂子」の顔を憎しみで歪めながら、復讐に身を投じるハナ。つぎなる復讐が彼女を待っています。

お話のつづきは試し読みから読めます。

 

>>試し読みはこちら

 

第3話のレビュー

netabarematome.hateblo.jp

スポンサーリンク